主に視聴中のアニメに関しての海外の反応記事とか。移転しました→http://rollingworld.blog.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神のみぞ知るセカイ FLAG134 「Strike Witches」 感想

img027.jpg
img028.jpg

さあさあさあ、
『神のみぞ知るセカイ』
がカラーですぜ!w


ってかエルのんでもしばらく見ないのに・・エルシィェ・・

ところで・・・いや・・あの・・、表紙がAKBのグラビアっていうのがね・・もうね・・・勘弁してくださいよ・・
店員にAKB目当てで買ったと思われたらどうしてくれるんだ・・(黙



img029.jpg

さて、月夜&ウルカヌスがお怒りのご様子ですが・・
これぐらいで怯むわけがないのが神にーさま。

そこでここでとった行動は・・

逆ギレ。

どんなに言われても証拠はないためシラを切る桂馬。

ってかウルカヌスが美しくねえ・・w

嘘ツキはベンチで潰して、カマボコにして・・って・・w

こんな言葉遣いをするのがパートナーでいいのか・・月夜・・?w

悪い状況は重要なステップ、ここが勝負所のようですね。

img030.jpg
一方のハクア側は。

目的の為なら何でもするフィオーレさん。

そしてあっさり疑うのをやめてしまうハクア。

やっぱり桂馬がこの場にいないとなあ・・・
ハクア一人だけだと、やっぱり拘留ビンから出してしまったりとかなってしまうよね・・。

そして案の定、フィオーレに逆に襲われる。

「あんたの1位は認めてないわよ!」のセリフを聞いたハクアはもう心底ガッカリだろうな・・。
敵だとは思いたくなく、疑いたくもなかったが、結局こんな状況になってしまい、そのフィオーレに裏切られ。
拘留ビンから出してしまった桂馬への申し訳なさ。

img031.jpg

そんなピンチを救ったのがなんとノーラw

手柄はもらうけど手伝わない、と言っていたにもかかわらずw
なかなかのツンですな(ェ

早速能力を使おうと試みたものの、ハクアと共に返り討ちに・・。

つーかフィオーレは何者だ・・?w

img032.jpg
そしてまた桂馬側。

「ボクらが出会ったのは……
 運命なんだから…」




桂馬が勝負をかけてきましたね、結果はどう転ぶのか。

ってかむしろ桂馬側よりハクア側が危なっかしいw

このままハクアとノーラが拘束→フィオーレ動くだったらマズいぞ・・。

考えられるのは、(管理人の予想なんてあまり当たった試しがありませんが(ぇ)

フィオーレが足枷になるであろう桂馬の処理に

桂馬と月夜の今のこの状況の中、ウルカヌスとバッタリ

ウルカヌスは女神なので・・・またしてもうわぁぁぁぁ


みたいな?(ぇ

ええ、おそらく外れでしょうね、ハイ;

次回は休載ですか・・まあたみーも忙しいし仕方ないですよね。

以上です。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ  ポチッと押していただけると次回の更新もやる気満々です♪
にほんブログ村
神のみぞ知るセカイ FLAG134
せっかく桂馬がビンテージと断定したのに、
友情を優先してしまった……
なんて良いヒトだ、ハクア!
しかし、それは絶対にやってはいけな~い!と
思ったが既に時遅し。

フィオーレは旧悪魔側から、新しいチカラを授かったのでしょうか。
新悪魔の駆け魂隊2人を同時拘束なんて、レベル高すぎです。

解決策は……桂馬が月夜と女神を
連れてくることしか思い付きません……
[ 2011/03/02 15:03 ] [ 編集 ]
Re:神のみぞ知るセカイ FLAG134 「Strike Witches」 感想
ハクア、やっちゃいましたね~。


桂馬があれほど油断するな、といっていたんですから、ガッカリドコロじゃないような気さえします。
エルシィの落ち込んだときみたくなりそうでちょっと心配です。


きっと、「私が拘留ビンから出したりしなければ…!」という感じで落ち込むでしょうね。

桂馬は慰めるだろうけど、それでも立ち直るの大変でしょうね。
[ 2011/03/03 16:24 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

>kagonnmaさん
フィオーレはどうやら力を授かった可能性が高いですよね。
ノーラとハクアを同時に拘束なんてハイレベルですw
桂馬がなんとかしてくれますかね・・?w

>ハハハ端葉さん
ハクアやっちゃいましたねー、
初登場エピソード以来に落ち込みそうです。
[ 2011/03/04 14:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。