主に視聴中のアニメに関しての海外の反応記事とか。移転しました→http://rollingworld.blog.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ロウきゅーぶ!】 The 2nd game (第2話) 海外の反応・感想

あまり特に大きな期待はしてませんでしたが・・・なんだこれ・・すごく面白いです。
ロリがどうのこうのとかあまり関係無しに、単純にストーリーがいいです。

あくまでも管理人が独自に翻訳した記事であり、誤訳の可能性もありますのでご了承下さい。
引用元:http://myanimelist.net/forum/?topicid=304732



今回のエピソードは、智香が泣いて、

「智香×昴」において、大量のフラグがたったな。



第2話見たぜ。
昴vs智香の戦いが俺的には一番良かったかな。



智香は昴が自分のチームのコーチにまたなってもらいたいが為に、自分のことを話しているように見えたな。
神のみぞ知るセカイを思い出すなあ。



ネットのチャットはいつも面白いものだなあ。


昴はものすごいバスケのやり手だな。だけれど智香も彼女なりに良く頑張ったよ。
今回のエピソードはおまいらの生きることはどんなことでも難しいということに触れてて、
最後の占めのところはパーフェクトだったよ。
いいエピソードだった。



第1話より良かったな。いい意味で騙されたよ。

昴と智香は良かったな、何かを感じさせるものだった。
昴は素晴らしいバスケの選手だ。そして智香の彼女の世代の中では十分にうまい。

ロリのおばさんはいいね。



昴がコーチをしたがるというのは予想できたことだけど、彼は智香を何よりもコーチしたかったのか。
昴はとてもバスケがうまいし、智香も彼女の世代の中では十分にうまい。
昴は中学校あたりでバスケのチームのエースで、準決勝まで行った。
彼が弱小だったバスケのチームを強くしたんだ。

昴はまたいつかバスケットボールがやりたくなるだろうね。



昴の叔母が言った、バスケから逃げるな。原作でも言われていたことだけど、アニメでも言われたんだね。

昴 対 智香 のところは面白かったよ。でも最終的には昴が勝ってしまったけどね。

神回だった!
好きだなあ、このアニメ。

次の回が楽しみだ、待ちきれないな。



Zero-RawsRouKyuuBu-02AT-X1280x720x264AACmp4_snapshot_2352_20110708_173620.jpg

最低だ、昴は智香を泣かせたようだな・・・



泣いてしまった女の子は俺は止められないよ。ちょっと悲しいね。



いいエピソードだった。
智香と昴のバスケ対決面白かったよ。
こういうドラマもいいけど、やっぱりゴールが入った時のサイレンを聞きたいものだ。



メイド服があったり……ロリの視聴者サービスアニメだな……



泣くのがうるさいし、鬱陶しいな。 :P
花咲くいろはの緒花でこんなの見たわ、



スラムダンク見てるみたいだったよ、10点中10点。



俺も女の子が泣くところは見たくないな……

でも智香は昴が守ってくれると言ってくれたからそれで安心して泣いたのだと思うよ。
これの後、昴はバスケに対しての情熱が出てきたようだしね。
智香を助けたいと彼は思っていて、それが遅かれ実現したようだな、最終的には全てがうまくいくかな。


女の子の泣くところを見たくないと思ってヤツが俺だけじゃなくて嬉しいよ。




以上です。

女の子が泣くところ・・リアルだと鬱陶しいから嫌だけど、
こういうアニメとかだと見てるこっちが悲しくなってくるから、私もあまり好きじゃないです。

子供が泣くと大変ですよねぇ;

通常の記事
http://rollingstar77.blog103.fc2.com/blog-entry-512.html

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ  よければポチッとお願いします。
にほんブログ村
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/07/17 16:23 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

そうですね、最初はまさにロリアニメだと思っていたのですが・・
いい意味で騙されて良かったです。

この調子が続けば更に良くなりますね、今後に期待です
[ 2011/07/17 18:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。