主に視聴中のアニメに関しての海外の反応記事とか。移転しました→http://rollingworld.blog.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

企画 「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?13」 に参加ー♪

アバババ、TB間違って3月終了作品としてしまったがな・・

いつもの企画ですね

さて、春アニメでこのブログで感想を書いていたのや、裏で見ていたのも含めてとりあえず書いていこうかと。

・神のみぞ知るセカイⅡ
・緋弾のアリア
・Aチャンネル
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

ってところですね。

春アニメでほかにも見ているものはありますが、2クール作品が多いんですよねー。
夏アニメの全般感想は大変なことになりそうだ・・

ってか感想書いてたのにあの花を完全スルーしてた・・すみません;

[Leopard-Raws] Kami nomi zo Shiru Sekai II - 07 RAW (TX 1280x720 x264 AAC)[10-30-39]

・神のみぞ知るセカイⅡ

ストーリー:5
キャラクター性:5
画:5
演出:5
音楽:5
総合的な評価:5


分割2期作品の第2期ですね。
第2期からハクアという悪魔が登場し、物語の根幹に少し触れる機会もありました。
しかし、少しながらということで、あまりハクアの出番もそこまで多くはありませんでしたし、地獄の話もあまりありませんでした。
まあ地獄の設定話、物語の根幹に関わる話は・・・第3期、もしくはOVAということでですね。

第2期のテーマはおそらく「理想と現実」でしょう。
いや、「現実と理想」かもしれませんね。理想あっての現実。現実あっての理想です。
ちひろ編では攻略女子が四苦八苦する様子を見て、桂馬は自分自身はどうなるのかと思う機会もあり、
少しは現実に対する意識も深まったのではないかと思います。
長瀬先生編では、「現実には理想の結末が必要」と、桂馬自身が言いました。

そして最終話。クソゲーの中のヒロインの杉本四葉。通称よっきゅん。クソゲーの中の桂馬にとっての理想のヒロインですね。
最後に桂馬の言った言葉。

「現実(リアル(世界はクソゲーだ。理想世界はゲームに求めるしかない……
そう思っていたが、クソゲーの中にも理想があったように、現実(リアル)にも理想へのルートがあるのかも知れない。
僕ならそれを……」


この言葉こそが、今後の物語を展開する上で大事な言葉ですね。

リアルの中の理想を探しだすというのは、長瀬先生攻略編の最後でも言われていた通りです。
桂馬の名言でもある「リアルなんてクソゲー」。
リアル=クソゲーに置き換えて、クソゲーであったよっきゅんのゲームの中にも自分にも理想を与えてくれたというように、
一見単なるクソゲーに見えるリアルでも、理想があるのかもしれないということです。

桂馬なら現実世界にある理想へのルートをどうするか……ええ、、、そういうことです。


さて、色々言いましたが、第2期としては十分すぎる程の出来でした。
第1期から視聴者が減ったのか、それはさておき、テンポで叩かれることもあまりありませんでしたし。
自分もあえて批判するのであれば、ちひろの目でしょうかねw

他にも1期よりはやや劣るものの、作画、音楽。どれも素晴らしいものでした。

是非とも続いて欲しいですね。



tv1308847798206.jpg

・Aチャンネル

ストーリー:3
キャラクター性:5
画:4
演出:4
音楽:3
総合的な評価:4


まー、こんなところですかね。
個々のキャラは光ってましたし、作画も大きく崩れることはありませんでしたし。
批判をするのであれば、劇中で流れるキャラソンがくどいw

そんなこと言ったら神のみどうなるんだよとブーメランで言われそうですが、そことは違うんですよね・・
神のみのキャラソン流しは、主にかのん編だったわけですが、ちゃんとPVにもなってたし、ライブ映像も音も加工されていて、芸が細かかった。

でもAチャンネルのキャラソン流しは、単なるそのままでも大丈夫なアニメーションのところに音楽を入れてくる。
別にそこまで必要ないにもかかわらず、ですからね。
キャラソンが入ることによって引き立っている時もありましたが、アニメーションが引き立たない時もありと、一長一短でした。

他に関しては良かったと思います。



dat1307033057465.jpg

・緋弾のアリア

ストーリー:3
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3



まあ普通に面白かったですねw
外れはなかったような感じですが、今一つグッと来るようなものがなかったのが欠点でしょうか。

続きがあるのなら是非とも見たい作品ですね。



1308847169006.jpg

・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

ストーリー:4
キャラクター性:5
画:5
演出:5
音楽:5
総合的な評価:5


春アニメでも最も評価の高くなるであろう、この作品。
ストーリーとしては、最後の駆け足さえなければほぼ完ぺきだったと思います。
めんまとじんたんを中心として、キャラクターをちゃんと一人ひとり描けていましたし、
泣いているシーンなどでは心を打たれる場面もありました。

音楽の方でも、いい意味でなんとも言えないOP。
そして名曲をカバーしたED曲。

全体的に素晴らしい作品だったと思います。




ベストキャラクター賞
桂木桂馬(神のみぞ知るセカイⅡ)


私としては文句なしにこの人です。
女の子たちを攻略するにつれ、成長している姿がとてもいい。
彼はゲーム世界の理想ではなく、現実(リアル)世界の理想にたどり着くことはできるのか。

ベストOP賞
A Whole New World God Only Knows
-Oratorio The World God Only Knows- (神のみぞ知るセカイⅡ)


第1期のOPの素晴らしさから2期への期待も高まっていたと思いますが、まさによくやってくれたと思います。
まさに神曲。

ベストED賞
secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)
(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。)


昔の名曲をカバーした曲。
この曲を聴くと子供時代を思い出しますね・・
何より歌声が素晴らしい。

ベスト声優賞・男性
下野紘さん


神のみⅡ最終話でいったいどれだけのキャラクターを演じたのでしょうか?w
いや、実際には一人でしょうけど、声の演じ分けがすごい。
下野さんは声優として、ちゃんと作品のキャラクターの思い入れを持っている方です。
プロの技術としても、現場の人としても素晴らしい方だと思います。

ベスト声優賞・女性
茅野愛衣さん


あの花のめんまではキャラクターと息のあった演技でした。
ああいうほんわかとしたキャラはこの方以外の声に合ってる人はいないというくらいでしたね。




というわけで以上です。

神のみばかりだなあ、こうして見返すと。
前期は結構ベスト○○賞ってバラけてたと思うんですが。
そりゃ見てるアニメ的にもこうなってしまうんだろうけど。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ  よければポチッとお願いします。
にほんブログ村
[ 2011/07/27 11:23 ] 企画 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今期(6月終了)アニメ評価in星屑の流星群
ゲームやアニメについてぼそぼそと人さんのところで 今期(3月終了アニメ評価企画があるので参加します。 とは言っても今回は春と違い評価するアニメは少ないですけど。 では評価開始です!!!!!!
[2011/08/13 20:33] 星屑の流星群
「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?13」に参加させていただきます
もっと早くにと思いつつ結局は締め切りギリギリになってしまいまして・・・ 申し訳ないです m(_ _)m >ピッコロさん ・・・というわけで(え?)、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんから有難くもお誘いを受けましたので、今回も参加させていた?...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。