主に視聴中のアニメに関しての海外の反応記事とか。移転しました→http://rollingworld.blog.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【たまゆら ~hitotose~】 第6話 海外の反応

麻音ちゃん最高だぜ。

あくまでも管理人が独自に翻訳した記事であり、誤訳の可能性もありますのでご了承下さい。
引用元:http://myanimelist.net/forum/?topicid=362795



なんてこった・・麻音が可愛すぎる・・・



恥ずかしがり屋の女の子(※麻音のことです)が描かれてた話だったね、可愛いな!
そして写真撮りの女の子(※楓のことです)と出会ったと。
エネルギッシュな女の子(※のりえのことです)は小さい頃からエネルギッシュだなww
泣くのが伝染したか。口笛で泣きやめさせて、その瞬間だけ麻音はシャイじゃなくなってたね。

2番目のパートでは、麻音が中学生の頃の話か。のりえと出会ったと。
白い生き物を追いかけてる間が良かったね。
のりえはこの時から"パティシエ"になろうとしてたんだな。二人とも同じ目指すところがあるんだな。
口笛でのりえに本当にいいものを持って行ってあげられたんじゃないのだろうか。



誰か今回の話で"口笛演奏者"っていうサブタイを望んでたヤツも居るんじゃないんだろうか。


これだ。のりえはいつも出演してるわけじゃないからね。

今回の話は、麻音がどのようにして口笛を学んだかっていう過去のことだったね。泣いてるのを口笛で沈黙させるとはな。
麻音はちゃんとしたベストフレンドと出会って、のりえと友達になれたんだね。
みんな口笛を学ぶのは難しいみたいだけど。



たまゆら~hitotose~は、日常的なことを描いた癒しアニメみたいな感じだね。
そして今回の話はまたしても俺の予想を超えてくる話だったよ。

俺はけいおんを見るまでは、滅多に"萌えアニメ"とは言ったことはなかったんだ。
この作品はただとっても癒される作品。寒い日の仕事から帰ってきてから飲むココアみたいなものだよ。
もちろん、完璧なものじゃなかったけど。若干苛立ちを覚えたのを言っていくよ。

今回の話は、麻音の小さい頃で、未来の友達とのふれ合いの過去の話だったね。
楓が現れて話の続きを求められてるまで、麻音はずっと本を読んでいた。
突然読むのをやめたりする反応がとても無邪気だったねw

RwcVI.png

泣いてるシーンの後では、俺はなんか理由があるんじゃないかと思ったんだよ。
うむ、のりえはいつでもイライラさせてくるんだ。
でも今回の場合は小っちゃい頃だったからイライラするって言ってもちょっとだけだった。
あともちろん麻音とのりえがどうやって友達になったのかっていうのが分かったよね。

今のところ、この作品の話は全て俺の子供時代の頃を思わせるんだよ。
OP歌のシーンとかが特に過去のことを思い出させてくる。
俺が仕事してる時、最後にはいつも自分の街のことを考えるんだよ。

俺は何人かのアンチは、作品のプロットがシンプルで可愛い女の子が出てくるっていうのが気に入らないんだと思う。
でもなぜだ? とても楽しめる話じゃないか。

歌単体で聞いてもとても美しいし、挿入歌もいくつかあった。

他のアニメとかでも是非ともこんな感じになってほしいものだよね。


【ポーランド】

プロットの展開がダメっていうところには賛成だな。
まあこの作品で大事だと思うのは、キャラクターの描写、そして俺達を癒してくれるかどうかだからな。


プロットの展開がダメっていうなら、どうすればいいんだよ?
このアニメは人生についてだよ、俺はこのプロットで今までこんなこと聞いたことないぞ。
まあそうだな、キャラクターの描写が素晴らしいな!
他にももっとどのようにして友達になったのかっていうのが見たいな。



【ポーランド】

これは驚いた。
少し時間はかかったんだけど、まるでAriaを見ているような感じだったよ。
前回の話から始まったんだけどね、でもこのようなのを待ってましたとばかりだったよ。

麻音はもちろんベストキャラだね、それっぽい質問をされたら、俺はそう答えるよ。
どのようにして、なぜ麻音が口笛を吹くのか、どうしてのりえだけが口笛を理解できるのか。

彼女達の関係をまた見てて可愛らしいよ。もちろんのりえもいい感じだよ。まあ最後にはイラッとしたけどね。多くは言わないけど。

jOAKMbTSscmZn.jpg

これは有名なシーンだよね。



【ノルウェー】

とってもキュートな話だったよ。



【カナダ】

過去の話とは予想外だったよ。俺も口笛で多くの人と会話してみたいな。友人に今度やってみよう。



【アメリカ】

おおー麻音。麻音が服をああいう風に使ってたように、俺もああいうことをしてたよwww

口笛・・・萌え以外になんて思えばいいんだろうな!



なんて美しい、そして可愛い話だったんだ。前回の話のような感じだったね。



口笛の女は好きじゃないけど、とっても可愛かったな。



とても素晴らしい話だった。俺が泣き始めた時に兄が口笛を吹いてくれてたことを思い出したよ。



スポンサー紹介のところで、麻音が口笛を吹いたら俺はすぐに笑ったよ。
作品が終わるまで、これを止めることはないんだろうね。

またしても素晴らしい話だな!

またしても日本の海が恋しくなったよ。とっても美しいな!

今回の話のどこが良かったのかっていうのは言い切れないんだけど、全てが良かったと思うよ。
(特に3人の女の子達が泣いてたところが良かったかな。
でも・・ごめん、俺は耐えきれなかったよ。みんなが嗚咽を漏らしてたからね)



麻音は巨大な萌え爆弾だな。彼女は何度も俺を殺しに来てたぞ。
特に幼い頃の麻音の、シャツを被ったり、スーパーシャイなところが良かった。



また違った麻音中心の回だったのか? どのようにして口笛を学んだのかっていうのが知れていい話だったよ。
素晴らしいキャラクターの描写だったよ!



"セーターで顔を隠す"
ここが一番いいところだったね。そうだろ?




以上です。
やっぱり麻音人気だなあ。のりえ以外のキャラがほとんど書かれていないぐらいですし。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ  よければポチッとお願いします。
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。