主に視聴中のアニメに関しての海外の反応記事とか。移転しました→http://rollingworld.blog.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第24話 「夢」 感想

0025-1323967811427[1]

形としては伝わらなくても、心には伝わっていたのかもしれない・・

春香がどれだけ奮闘しても、全員が集まって練習することはできませんでした。
それでも、春香がみんなと会いたい、一緒に居たいと思う心は千早のおかげもありましたが、ちゃんと届いたようですね。

というかちゃんと千早に気づかされるまで、みんな本当に気づかなかったんだ・・
確かに春香は、ただみんなに一緒に集まって練習しようとしか言ってませんでしたからね。
気づけなかったのも仕方ないといえばそうなのかも。
それでもただ単に春香が「レンシュウシヨー」ばかり言ってて、他の子は鬱陶しいとしか思ってなかったんじゃないんだろうか・・んなわけないか。

唯一アイドルの中でそのことに気づいた千早は、やっぱり春香との仲はとても深いっていうのがよくわかる話でもありましたね。

なんだかアッサリしてるなと思う部分も多少ありましたが、ともかくいい話でした。


0008-1323966704352[1]

「春香はわがままだよ!」

みんなからアイドルや、憧れや、スターと思われているのに、どうして素直に喜ぶことができないのか。
ただ単に仕事に追われてばかりで、その人から尊敬される立場を楽しむことができない状態に陥ってた春香。

うーん、普通に考えて美希は先週から見てもただ純粋に無邪気に走ってるなあという印象。
でもこの意見ばかりは美希の方がどう考えても正論ですわな。

というかミュージカルの主役は春香が取ったんだ・・


圧倒的に美希に劣っているっていうのがこっちには見え見えだったし、更にプロデューサーの転落事故があった後にもかかわらず、ここまでその事故を引きずっているのに、よくぞ主役取れたなあ・・
美希が「春香の演技はすごかった」と言ってるくらいなのだからかなり良かったんでしょう。

0014-1323967086370[1]

ジュピター△

かつてはライバル同士だったものの、今では事務所も変わり交わることはなかったこの2人。
ジュピターは仕事の規模は下がっても、
今まで見えていなかったものが見えてきたり、準備する際にでも多くの人と話す機会も増えた。
今の仕事を楽しんでいるみたいで何よりですね。

なんというか、自分でもあまりうまく言えないのですが・・
どれだけズルをして金儲けができても、結局はそのやってること自体を楽しくないといつか歯車が狂っちゃうってことを監督さんや脚本家さんは伝えたいんじゃないのかなと思います。

どれだけ961プロでの待遇が良くても、駒扱いされて乱暴にされるよりは、
待遇はそこまで良くはなくとも、ちゃんと自分達の居場所というものがある方がジュピターが嬉しがっているようにだと思うんです。

そういえば・・

0015-1323967107325[1]

チラシを渡して、春香にも来てもらうように促してたけど、

冬馬「あれ、765プロのが来ない・・」

みたいなことになっていないだろうか・・w
いや、まだ最終話が残ってるから・・

0020-1323967498342[1]

また幻覚か・・

幼少の頃の春香の「夢」。
それはただ"アイドルになりたい"というごく普通の女の子の考え。
この夢だと、アイドルになってどうするの?どうなりたいの?という質問に対しては考えてないとうまく説明できないですよね。
だから今春香はこうやっていきなり自分の夢って何だったのかっていう状況に陥ったんだと思います。

春香が一人で部屋に寝そべっているシーンが千早回一回目のED絵と同じだったように、
この春香回も、千早回とあえて重ねようとしていたんでしょうかね。

実際、今回の話は最終的には春香の自己解決という形になりましたが、裏で千早が何か春香にできないかと根回ししていましたよね。
先週、私が千早が春香を元気づけて大団円という形になるんじゃないかと言いましたが、ちょっと違う形とはいえ、大体あってたのかなと。



ともかく、今回の話はとても考えさせられるものでしたね。
春香と千早のところもなんですけど、一番はやっぱり春香と美希の意見の食い違いのところについてでしょうか。

アイドルだからこそ孤独だろうと、完全で、高みを目指せという黒井社長の考え方なのか、
みんな揃ってトップアイドルがモットーで、いつもグループで固まるべきという765プロのプロデューサーの考え方。

視聴者がどちらの方がアイドルの定義として正しいのかと思えるのかでどう映るのかが変わったんじゃないのかなと思います。

こればっかりはどちらが正しくて、どちらが正しくないなんてことは優劣なんてつけられないものですからね・・

0029-dat1323968030918[1]

さて・・来週楽しみだなあ。

なんか書きたいことを書いてたらかなり長文になってしまいました、
つたない文章力ですが、私の思ってることが読者さんに伝わっていれば何よりです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ  よければポチッとお願いします。
にほんブログ村
春香の演技アニメ中になかった?
演技が今の春香とあまりにもかぶってたから、すごい感情がこもってたと思うんだけど…
それゆえに劇の練習と気づくのにちょっと時間かかったけど。
[ 2011/12/17 04:59 ] [ 編集 ]
リアルの状況と劇のワンシーンの内容がかぶって迫真の演技になったんかな~
千早回と比べると若干チープな感じがしたのは否めないけど、いいお話でしたね
[ 2011/12/17 21:47 ] [ 編集 ]
>春香の演技アニメ中になかった?
>演技が今の春香とあまりにもかぶってたから、すごい感情がこもってたと思うんだけど…
>それゆえに劇の練習と気づくのにちょっと時間かかったけど。

自分の説明が下手ですみません。
演技は作中にありましたね、でも春香が急にどうしてあそこまで演技出来ていたかってことが気になったんです。

>リアルの状況と劇のワンシーンの内容がかぶって迫真の演技になったんかな~
>千早回と比べると若干チープな感じがしたのは否めないけど、いいお話でしたね

やはり現実と重ねている場面だからこそ、迫真の演技だったということなのでしょうかね。
千早回と比べるとどうしてもね・・難しいところです。
比較しなければ普通にいい話だったと思います。
[ 2011/12/17 23:37 ] [ 編集 ]
いつも記事上げ、海外の方の感想の記事上げ乙です

上の方々が仰られているのでもう言うことはありませんが、
今までは美希と春香の実力の差というのは歴然としていました
それが今回の舞台の話と、今回の春香の一連の流れが重なった故に美希を越える事が出来たという事と
自分は認識しました

勿論天才・星井美希ですので水準以上の演技はしていたでしょう
しかし美希には足りなかったもの、それは暗さや負の気持ち
それらを頭で演技は出来ても、感じた事が無ければそれはあくまで演技でしかない
その気持ちを皮肉にも前回の23話で手に入れたから、春香は美希を抑えての主役に抜擢されたのだと思っています
[ 2011/12/19 08:48 ] [ 編集 ]
765プロのメンバーが離れ離れになりそうってのを春香と千早だけが気づけたってのは、
きっと春香は千種(千早母)との会話があったから。
千早は自分の家族が離れ離れになっていく様を見ていたからじゃないかなあと。
他のメンバー的にはちょっと距離が離れていってるけど765プロの皆なら大丈夫なんじゃないかって漠然と思っていて、でも実際には千早がPと話したように危険な場所まで進んでいたっていうのが実際の所という。

この話を見たときに、中の人が千早名義でカバーしたjupiterが思い浮かんだり。

[ 2011/12/20 10:08 ] [ 編集 ]
>いつも記事上げ、海外の方の感想の記事上げ乙です

>上の方々が仰られているのでもう言うことはありませんが、
>今までは美希と春香の実力の差というのは歴然としていました
>それが今回の舞台の話と、今回の春香の一連の流れが重なった故に美希を越える事が出来たという事と
>自分は認識しました

>勿論天才・星井美希ですので水準以上の演技はしていたでしょう
>しかし美希には足りなかったもの、それは暗さや負の気持ち
>それらを頭で演技は出来ても、感じた事が無ければそれはあくまで演技でしかない
>その気持ちを皮肉にも前回の23話で手に入れたから、春香は美希を抑えての主役に抜擢されたのだと思っています

いつもありがとうございます。

なるほど・・辛い気持ちを実際に体験しているからこそ、自然な形で春香が演技できた。いや、演技ではなくほぼ"素"の状態だったんでしょうかね。
美希には少しそういう部分が足りなかったんでしょう。

>765プロのメンバーが離れ離れになりそうってのを春香と千早だけが気づけたってのは、
>きっと春香は千種(千早母)との会話があったから。
>千早は自分の家族が離れ離れになっていく様を見ていたからじゃないかなあと。
>他のメンバー的にはちょっと距離が離れていってるけど765プロの皆なら大丈夫なんじゃないかって漠然と思っていて、でも実際には千早がPと話したように危険な場所まで進んでいたっていうのが実際の所という。

>この話を見たときに、中の人が千早名義でカバーしたjupiterが思い浮かんだり。

コメントありがとうございます。
春香にせよ、千早にせよ、実際に辛い経験をしたからこそ、乗り越えられるものがあるということなんでしょうね。
あともう少しで取り返しのつかないところでしたからね・・本当に危なかったです。

ミンゴスのカバー曲・・わからないです、すみません;
やはり自分ももう少し知識を入れるべきなんでしょうね・・;
[ 2011/12/20 23:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

THE IDOLM@STER 第24話 「夢」
春香の身代わりになって大怪我のプロデューサー。 「THE IDOLM@STER」の第24話。TBS「アイドルマスター」公式はこちら。 次回12/22は25:38からなので注意。しかも最終回だしね。 「大きくなったらアイ...
[2011/12/17 00:26] ゆる本 blog
THE IDOLM@STER アイドルマスター 第24話 「夢」 感想
みんなで、楽しく―
[2011/12/17 14:53] wendyの旅路
【THE IDOLM@STER 第24話 夢 感想】
来週への前向きな展開は評価します。 ただ、ちょっとついていけないような描写もあったので、評価にはしばらく時間がかかりそう。
THE IDOLM@STER-アイドルマスター 第24話 「夢」 感想
THE IDOLM@STER-アイドルマスター 第24話 「夢」 感想 皆で、楽しく
アイドルマスター 第二十四話
THE iDOLM@STERの24話は、プロデューサーの迫りからの転落事故で精神的に追い詰められてしまった春香の休養。
[2011/12/18 14:50] ホビーに萌える魂
THE IDOLM@STER 第24話 『夢』
THE IDOLM@STER 第24話 『夢』の感想です。 今度は私たちが春香の気持ちに答える番!最高の仲間だな! 春香をかばってセリから落ちてしまったプロデューサー、大怪我を負ったけど無事だったみたい。...
[2011/12/18 20:06] キャラソニ!
THE IDOLM@STER  第24話夢
 みんなと一緒にいられることをとライブ練習に誘ったが、自分たちのことで頭がいっぱいでなかなか集まらない上、プロデューサー不在と虚無に浸る春香。街中を歩くと・・
[2011/12/21 10:49] しるばにあの日誌


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。