主に視聴中のアニメに関しての海外の反応記事とか。移転しました→http://rollingworld.blog.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?11」

毎回恒例のゲームやアニメについてぼそぼそと語る人のピッコロさんの発動するこの企画に参加させて頂きます。

今季自分が感想を書いていたアニメは、
・神のみぞ知るセカイ
・俺の妹がこんなに可愛いわけがない
・(とある魔術の禁書目録) (放送継続中のため皆無)

感想は書いてはいませんでしたが、見ていたアニメは、
・えむえむっ!
・侵略!イカ娘

実質4つの作品を評価していこうと思います。
[ 2011/01/04 12:43 ] 企画 | TB(24) | CM(2)

「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?10」

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人様の定番の企画に参加させていただきます^^

今回は早めに記事が書けそうだw

今回評価させていただくのは、

「けいおん!!」と「みつどもえ」です。

--------------

けいおん!!

k-on!! 21[15-40-03][1]


ストーリー:5
キャラクター性:5
画:5
演出:4
音楽:5
総合的な評価:5


これはもう申し分ないアニメ。さすが京アニといったところでしょうか。

少しピックアップしたいのが、キャラクター性ですね。

前回と比べて出番が多く引きだっていた、あずにゃん。

梓は2期始まってから、日がたつにつれ、だんだんと唯達のいなくなることを意識し始めて行きました。
その感情がよくわかるのは、13話ですね。

「そうか・・私、一人になっちゃうんだ・・」

いずれは一人になってしまうという寂しい想い。

この他にも梓が唯達がいなくなることについて思いにふけるシーンが多々ありました。
しかし、20話で唯達との最後のライブを終えた後、てっきり唯達と感慨にふけると思いきや、逆に励ますという形でした。

やはりこのような立場なのは、何度も思ってきたことから、覚悟というものがあったからだと思います。

やがて、最終話でとうとう心で我慢していたものが崩れました。


これらのことから結論を言うと、主人公は唯でも2期の主人公は実質梓なのかなあ・・と。

京アニさんは 梓=視聴者 つまりけいおんが終わってしまう=唯達が卒業してしまう
そういう心情が描けるのは梓あってだと思います。

そしてその梓を支えてきた、憂と純。
この二人がいなければ梓はどこかで心が折れていたに違いない。
この二人がいずれ入部する・・かどうかは原作読んでないのでわからないのですが、そうであってほしいですね。



あと、演出。
個人的に言わさせてもらうと、正直TBSがこれで一気に嫌いになりましたね;
24話の暫定最終話。

あの時、唯は「私達の曲、聞いてくれる?」
といって、全員でふわふわ時間を演奏。

それで演奏のまま終わるのかな・・と思ったら普通のEDで終わった。

やっぱり「ふわふわ時間」は作中のけいおんというものを強く引きだたせるものだと思うので、やっぱりふわふわ時間で終わってほしかったです。

TBSに残念ということで4点ということにしました。


画や音楽も申し分ないものでしたね。

もしも京アニがけいおんを作っていなかったら、絶対こんなに盛り上がってなかったと思いますね。
原作1巻の表紙をパッと見、アニメと大きく違っていたこと。
不安定な原作絵をあのクオリティの高い絵まで持っていくのは素晴らしいと思います。

今度、「日常」というアニメがある予定ですが、京アニならすごい作品にしてしまいそうな予感ですw

そして音楽。
今回良かったと思うのは、自分はノリがいい曲が大体好きなんですが、「天使にふれたよ!」が良かったなと。

天使=梓 あずにゃんマジ天使と一部で言われたほどですw

この曲がどこかの学校の卒業ソングに使われるとうれしいですねw


あと、映画。

どうなるのかさっぱりですが、過度な期待はせずに待ちたいと思います。

けいおんに関しては以上です。

-----------------------------------

みつどもえ

Mitsudomoe 13 end[17-33-36][1]

ストーリー
キャラクター性:5
画:4
演出:3
音楽:5
総合的な評価:5


ピックアップしたいのが、音楽ですね。

中毒性の高いOP浄化ED
の出来が素晴らしいw

個人的には曲の好みではけいおんと同じぐらいだと思ってますw

正直気になったのは、後半にかけての教師陣の空気っぷり。
原作の順序はどうなのかしらないですが、そこは少し気になったです。

あと評価するのであれば、尿回からの盛り上がりw

正直尿回で何人か離れる人が多かったと思います。
しかしそれをなかったことかのように、後半がすごく面白く、テンポの良さなどで飽きがなく視聴できました。

イベントの方や、ニコ生でのなまどもえ。
毎回とても楽しまさせてもらってましたw

2期もあるので楽しみですね^^

みつどもえは以上です。

---------------------------------------

ベストキャラクター賞:中野梓@けいおん!!

ベストOP賞:Utauyo!! MIRACLE@けいおん!!

ベストED賞:夢色の恋:みつどもえ

ベスト声優賞・男性:下野紘さん

ベスト声優賞・女性:竹達彩菜さん


梓と竹達はセットということで。
梓の理由は言うまでもなく。

ベストOPはもちろんこれだと。
「大好きをありがとう」
このフレーズ。OPなのに、ED以上に寂しい思いを彷彿とさせる歌詞でした。
私からも、けいおんに大好きを思わさせてくれてありがとう。

ベストEDは正直本当にふわふわ時間にしたかったですね・・TBSェ・・
ベスト声優は下野さんということなんですが、正直感想書いてるアニメ的にこれという方がいなかったという;

以上です。



最後まで読んでいただきありがとうございました!

[ 2010/10/09 00:24 ] 企画 | TB(4) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。